赤鼻の妄想日記

いつかはイル・マニーフィコ・スイートに泊まりたい!

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0530

皆様の笑顔と安心のために  

こんにちは~

春のインレポ、ようやく1日目が終わり、すぐに2日目を始める予定でしたが、TDR公式HPの更新情報をお伝えしたいと思います。

トップページ左側のメニューに赤文字『皆様の笑顔と安心のために』と目立つように配置されています。

クリックしてリンク先に飛ぶと、今までにもあった【東京ディズにランド/東京ディズニーシーからのお願い】が表示されます。
詳しくはこちらをご覧下さい

今までの表記を正確には覚えていませんが、少し文言の追加があるようです。

ネット上でも話題になっています。
話題になっているのは2点

●パーク内では走らないで下さい
●次の行為は固くお断りします
・公衆送信または営業目的の撮影の禁止

2点目は、個人ブログやツイッター等での撮影写真のアップが禁止になったと騒いだり、パーク内での撮影自体が禁止になったなどと誤認した理解能力の低い輩(恐らく若年層)の発言を見かけました。
結果、問い合わせも多かったようで、固くお断りする行為の表記が変更されています。
・商業目的の撮影等
・他のお客様等のご迷惑となる撮影および公衆送信

個人のブログなどに自分で撮影した画像の投稿を禁止するものでは無いという事です。

『他のお客様のご迷惑』と言う点から、写真に写り込んだ他人様は個人が特定出来ないように加工したりする事は必要ですね。
キャストさんやダンサーさんに関しては問題無いと思いますが、それにも難癖を付ける人もいますからねぇ・・・


少し話は逸れます。
赤鼻は頻繁にTDR公式HPで公開されている情報をブログに掲載しますが、必ず引用・参照した元記事が明確になるようにリンクを張るようにしています。
これもネット上では気を付けないといけない事柄だと思っています。
と言うか、ネット上に限らずの話ですね。
例えば、赤鼻が学生の頃は論文などで、文献を参照した場合は必ずそれを明記する事が当たり前でした。
今の学生の中には、他人の論文や文献を丸写しで提出する人もいると聞いた事がありますが、嘆かわしい話です。


また、このページには書かれてはいませんが、個々のアトラクション等の紹介ページには、撮影の可否も記載されています。
ネットの書き込みで、撮影禁止場所での撮影も禁止になったと書かれているのを見て、思わず失笑しました。
元々撮影禁止なのに、それが禁止になったと騒ぐ事の意味が赤鼻には理解得来ませんww

動画サイトなどでは明らかに撮影禁止をお願いしている個所の動画がアップされていたりします。
ちなみに赤鼻は、そう言った動画は表題で判断して絶対に観ません。
(例えばコースター系の乗車中の動画など)


要は、パーク内の撮影にしても、それをネット上に公開するにしても、ルールやマナーを守り常識の範囲内でってお願いですね。


そしてもう一つ『パーク内は走らないで下さい』の明文化ですね。

これも、『開園ダッシュが禁止になった』と騒いでいますが、30年前からの禁止事項です。

先日30周年の開幕を中継したテレビ番組でも、ダッシュする人を咎めるような言い回しは一切なかった事が気になっていた赤鼻です。
あのような中継をする時は、メディアが『危ないから止めましょう』と呼びかけてくれれば良いのになぁと思っています。

今回の明文化によって、実際に開園ダッシュが減るのか興味深いです。


どちらにしても、こうやって色々と明文化されるという事は、ルールやマナーを守らないゲストが目に余るって事ですね。

少し前に、USJで迷惑行為を繰り替えし出入り禁止になった学生や、TDLでも迷惑行為を行いSNSに写真を投稿した学生が話題になりました、一部の不心得者の所業だと思ってましたが、残念ながら実際は氷山の一角なのでしょうね。

東京ディズニーリゾートは多くの人が集まる場所です。
一人一人が思いやりを持った行動を心掛けて欲しいと切に願います。

以前にも書きましたが、誰もが相手を思い遣りマナーやモラルを論ずる事自体が無意味な世の中になると良いですね。
スポンサーサイト

Posted on 2013/05/30 Thu. 16:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

Countdown!

プロフィール

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

旅のしおりテンプレート

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。